あなたの組合は組合員のニーズに応えていますか?

Subscribe Us

安倍政権になって、労働をとりまく環境は劇的に変わってきました。安倍政権と共同歩調をとる企業は足下では働く者を使い捨てる「ブラック企業」に変質しています。
他方、企業の横暴に歯止めをかけるべき労働組合はその機能を低下させています。組織率は18%を切り、「正社員クラブ」と揶揄されてもいます。情報提供や適確な指導という縦糸は細く、労働組合が地域でつながる横糸はありません。こういう状態で、多くの労働組合は孤軍奮闘せざるを得ない状況が続いていると言えます。
経済がグローバル化する中で、労働組合の従来の経験や理論では立ち向かえない状況があります。ましてや、縦糸も横糸ももたない単独組合は組合員のニーズに応えきれているかに不安があることでしょう。いざという時に役に立たない労働組合では値打ちがありません。

新型コロナウイルス感染が広がり続ける中で、職場の安全を求めてNOVAでは今日からストライキに入ります。ご支援を!

国内の新型コロナウイルスによる死者が1,000人を超える中、ゼネラルユニオンNOVA支部の組合員は今日、7月21日(火)からストライキに入ります。
NOVAが「三密」から従業員を守ろうとしないことが主要な問題です。狭い部屋の5人の大人あるいは8人もの子供を押し込めて、いったいどうやってソーシャル・ディスタンスを保てるというのでしょうか、
以下のページの最新情報を読み、リンクを拡散することで職場の安全を求めて闘うNOVAの労働者へのご支援を。
https://www.facebook.com/Strike-NOVA-109397707517814/

NOVA組合員の圧倒的多数がストライキ投票で"GO"の意思表示―メディアも報道

ゼネラルユニオン
「在宅勤務などの要求をNOVAが拒めばストライキに入る」と、ゼネラルユニオン所属のNOVA組合員の圧倒的多数は投票で意思表明した。

同社の稲吉オーナーの利益のためには従業員の健康を危険にさらすことも厭わない会社の姿勢に辟易した教師達のゼネラルユニオンへの加盟が続いている。教師達は混雑した狭い職場での勤務を強いられ、しかもその職場は換気は不十分でオンラインレッスン使用するヘッドフォンやマイクは共用であること等、新型コロナウィルスへの感染の懸念は深刻なのだ。加えて、時には県境を越えての長時間通勤が求められている。

ゼネラルユニオンは、ストライキ決行期限の通告と併せてNOVAへの要求を提出することとなる。
https://www.generalunion.org/jp/nova-g/2283-nova-go


日本郵政グループ各社に「新型コロナウイルス禍の労働に対する特別手当の支給を求める要求書」

郵政産業労働者ユニオン
政府は、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、4月7日に東京、大阪など7都府県に「緊急事 態宣言」を発令し、4月16日には全国47都道府県に拡大しました。「緊急事態宣言」では、不要 不急の外出の自粛、人と人との接触を極力控えることが重要とされ、各都道府県知事は、休業要請を 行い、多くの商業施設が休業となりました。さらに、5月4日には5月31日まで延長が決まりした。 その後、「緊急事態宣言」は5月25日をもって、すべて解除されました。 

政府は、人と人との接触を8割削減することに全力を挙げ、企業に対しては出勤者を最低7割削減 するよう求めています。「密閉」「密集」「密接」のいわゆる「3蜜」を避けること、マスクの着用、 手洗いの徹底など、新型コロナウイルスに対する警戒は長期間に及ぶ可能性が高くなっています。


社内での新型コロナウィルス感染を講師達に知らせなかった英会話会社Gaba

ゼネラルユニオン
新型コロナウイルス感染拡大に関する緊急事態は全国で解除され、Gaba社も事業を再開しようとしている。労働組合としては最善の事態を願うものである。しかし、最近判明した出来事と、これに対して同社が取った対応には懸念を禁じ得ない。社内で新型コロナウィルス感染が起こったにも関わらず、会社はこの事実を講師達に伝えなかったのだ。
Gaba社は賢明にも3月上旬か3週間事業を停止し、労働基準法に基づく休業手当支払義務の対象ではない講師達へも賠償金(実質「休業手当」に相当)も支払った。そして同社は、感染拡大の只中に「2週間の事業再開」を決定した。
2020年4月1日、新型コロナウィルスに感染していた一人の顧客が表参道LSでレッスンを受けた。
https://www.generalunion.org/jp/gaba/2296-2020-05-29-01-28-05

大阪全労協機関紙2020年6月345号

COVID-19蔓延に対する新声明を発表しました

コロナ危機を乗り越えるために―大阪全労協は社会連帯を訴えます!
最近NOVAで起こったこと
コロナ休戦蹴って、処分強行!? 抗議FAXの集中を!!
中之島メーデー写真集

ダウンロードPDF

大阪全労協機関紙2020年5月344号

COVID19(新型コロナウイルス)と春闘
当面の大阪全労協運営変更のお知らせ
活用しよう!COVID19労働問題Q&A
第91回中之島メーデー
COVIDの春、延期の春
COVID19小噺:アベノマスク

PDFダウンロード

5.1メーデー130周年記念大会 - 2020メーデー民主労総宣言文


先ず、の爆発事故で犠牲になった労働者の冥福を祈ります。
産業災害追放の月、4月の終わりに道利川で38人の建設労働者、移住労働者が凄惨な犠牲になりました。10人が重軽傷を負い、この内の9人は身元確認も難しいほど凄惨な現場だったそうです。迅速で、徹底した真相調査と、責任者処罰と再発防止対策が樹立されなければなりません。
私たちは死亡事故が繰り返されない最も近い道は、重大災害企業処罰法を制定することだと確信します。民主労総は亡くなった故人一人ひとりの冥福を祈り、愛する家族の突然の死を見なければならない遺族に、深い慰労の言葉を申し上げます。また重軽傷を負われた労働者の一日も早い快癒を祈ります。

メーデーが130周年になりました。
メーデーは130年前の1886年、8時間労働制を勝ち取るためのアメリカの労働者の激しいストライキ闘争を記念すべく、1889年にパリで開催された各国の労働者代表の国際会議で、51日を世界労働節と決めました。メーデーはこの地の圧倒的多数者である働く労働者、自らの労働で世の中を動かしている労働者の日です。