あなたの組合は組合員のニーズに応えていますか?
安倍政権になって、労働をとりまく環境は劇的に変わってきました。安倍政権と共同歩調をとる企業は足下では働く者を使い捨てる「ブラック企業」に変質しています。
他方、企業の横暴に歯止めをかけるべき労働組合はその機能を低下させています。組織率は18%を切り、「正社員クラブ」と揶揄されてもいます。情報提供や適確な指導という縦糸は細く、労働組合が地域でつながる横糸はありません。こういう状態で、多くの労働組合は孤軍奮闘せざるを得ない状況が続いていると言えます。
経済がグローバル化する中で、労働組合の従来の経験や理論では立ち向かえない状況があります。ましてや、縦糸も横糸ももたない単独組合は組合員のニーズに応えきれているかに不安があることでしょう。いざという時に役に立たない労働組合では値打ちがありません。

大阪全労協機関紙2020年5月344号

COVID19(新型コロナウイルス)と春闘
当面の大阪全労協運営変更のお知らせ
活用しよう!COVID19労働問題Q&A
第91回中之島メーデー
COVIDの春、延期の春
COVID19小噺:アベノマスク

PDFダウンロード

5.1メーデー130周年記念大会 - 2020メーデー民主労総宣言文


先ず、の爆発事故で犠牲になった労働者の冥福を祈ります。
産業災害追放の月、4月の終わりに道利川で38人の建設労働者、移住労働者が凄惨な犠牲になりました。10人が重軽傷を負い、この内の9人は身元確認も難しいほど凄惨な現場だったそうです。迅速で、徹底した真相調査と、責任者処罰と再発防止対策が樹立されなければなりません。
私たちは死亡事故が繰り返されない最も近い道は、重大災害企業処罰法を制定することだと確信します。民主労総は亡くなった故人一人ひとりの冥福を祈り、愛する家族の突然の死を見なければならない遺族に、深い慰労の言葉を申し上げます。また重軽傷を負われた労働者の一日も早い快癒を祈ります。

メーデーが130周年になりました。
メーデーは130年前の1886年、8時間労働制を勝ち取るためのアメリカの労働者の激しいストライキ闘争を記念すべく、1889年にパリで開催された各国の労働者代表の国際会議で、51日を世界労働節と決めました。メーデーはこの地の圧倒的多数者である働く労働者、自らの労働で世の中を動かしている労働者の日です。

大阪(靭公園)の91回メーデー


13時30分靭公園で出発式、その後市内街宣。

15時よりなんば高島屋前でスタンディングアピール行動。


今年は大衆的な参加呼びかけはせず執行部中心の行動。


みなさんはぜひ大阪全労協HPおよびFBにアップされる動画にアクセスしましょう!

NOVA休校/自宅勤務に賃金全額支給を要求! NOVAに抗議のEメールを送ろう!SNSでシェアをお願いします。

ゼネラルユニオン
NOVAホールディングス・NOVAに対するユニオンの要求:
  • NOVAの全スクールを休校とし、在宅勤務として賃金全額支給すること。
  • 業務量が不足する場合には、雇用調整助成金を使い、休業者に休業手当を支給すること。
  • 休業を選択した独立自営業者に対して罰金を課さないこと。現在契約している独立自営業者に現在までに支払われた罰金を全額返還すること。
  • 独立自営業契約制度を即時廃止し、これらの労働者を従業員とすること。これにより、NOVAは、仕事が不足した場合に雇用調整助成金を使うことができるようになる。これが可能でなければ、NOVAは、仕事がない場合も保証金100%を支払うべきだ。
  • 従業員・独立自営業者を都道府県境を越えて通勤させるのを即時やめること
https://www.generalunion.org/jp/nova-g/2280-nova-nova-e-sns

医師会へ要請行動!山紀会はコロナ対策のための休戦提案を拒否するな!

医師会へ要請行動!


4月20日、大阪府医師会、西成区医師会、大阪府病院協会等へ、山紀会支部、大阪全労協、おおさかユニオンネットで要請行動をしました。

(ちなみに、山本理事長は、西成区医師会会長、大阪府病院協会副会長です)

要請内容は、コロナ対策のために労使紛争の休戦提案を、貴団体からも山紀会へ要請して下さいというものです。また、パワハラ問題を解決させようとした組合員をさらなる懲戒処分せずに一旦休戦をという内容です。



医療・介護現場からコロナ感染拡大させないために労使紛争休戦提案を法人が拒否!

ケアワーカーズユニオン
前回の団体交渉にて組合は、コロナ感染対策のために、労使紛争の一旦休戦を提案しました。その提案に対する回答書が4月10日、山紀会より出されました。

その答えはなんと「拒否」でした!!いくら山紀会でもコロナ感染拡大を防ぐこの時期だから、さすがに労使紛争は休戦すると思っていました。私たち組合は、山紀会や理事らに対して本当に失望し残念で仕方ありません。

今回の回答書には休戦しない理由として、A組合員に対する懲戒処分問題を上げていました。

この処分問題の発端は、山本第三病院内の管理職によるパワハラ問題がありました。兼ねてから、A組合員や組合役員は、パワハラを受けている職員等からパワハラ相談等を受けていました。

また、A組合員からも会社へパワハラ問題の仲裁を求めていました。その後、大阪全労協にパワハラを受けている部署の職員を名乗る匿名の内部告発メールがありました。
https://ameblo.jp/yamakiunion/entry-12588968092.html

大阪全労協 機関紙 2月341号

非正規差別を許さない!郵政ユニオン全国一斉集団訴訟
フジ住宅ヘイトハラスメント裁判結審
現在の税制度は労働者と消費者の犠牲によって
大阪全労協学習会「賃金・労働そして労働組合の役割」
3.15!京橋!!最賃1,500円!!!
PDFダウンロード

労組周辺動向 No.82 2020年3月6日現在

ゼネラルユニオン
労働組合に関係がある法律をめぐる動きや裁判での判決、闘い、国内外の統計や情報など、現在と今後の組合活動にとって直接・間接に必要、有益と思われる情報を掲載します。

隔週発行です。

今号は新型コロナウィルス関連情報が多数。。
暮らしと権利を守るためには、日々変化する情勢や国の施策についての情報をこまめに収集することが大切です。
http://www.generalunion.org/jp/2017-11-09-08-58-33/2258-no-82-2020-3-6

非正規社員154名が起つ、全国集団訴訟

非正規差別NO! 均等待遇YES!

郵政ユニオンは2月14日、全国一斉7地裁(長崎は18日)に、154人の大原告団による集団提訴します。

労契法20条にもとづき、同じ仕事をしているにもかかわらず、手当、休暇などの格差は不当と、2014年に郵政20条裁判を立ち上げました。東日本3人、西日本8人、合計11人の原告がたたかい、住居手当、年末年始勤務手当、扶養手当、夏期・冬期休暇、無給の病気休暇などの格差は違法と、東京高裁、大阪高裁で判断され、現在最高裁判所で係争中です。

集団訴訟は、11人の20条裁判原告が切り拓いてきた司法判断をさらに広めていくための争いです。