医療・介護現場からコロナ感染拡大させないために労使紛争休戦提案を法人が拒否!

ケアワーカーズユニオン
前回の団体交渉にて組合は、コロナ感染対策のために、労使紛争の一旦休戦を提案しました。その提案に対する回答書が4月10日、山紀会より出されました。

その答えはなんと「拒否」でした!!いくら山紀会でもコロナ感染拡大を防ぐこの時期だから、さすがに労使紛争は休戦すると思っていました。私たち組合は、山紀会や理事らに対して本当に失望し残念で仕方ありません。

今回の回答書には休戦しない理由として、A組合員に対する懲戒処分問題を上げていました。

この処分問題の発端は、山本第三病院内の管理職によるパワハラ問題がありました。兼ねてから、A組合員や組合役員は、パワハラを受けている職員等からパワハラ相談等を受けていました。

また、A組合員からも会社へパワハラ問題の仲裁を求めていました。その後、大阪全労協にパワハラを受けている部署の職員を名乗る匿名の内部告発メールがありました。
https://ameblo.jp/yamakiunion/entry-12588968092.html