朗報―ベルリッツで組合員の給与その他の労働条件の改善が実現

ゼネラルユニオン
10月12日(金曜日)、2019年の労働条件に関する団体交渉が終結し、会社と組合とは労働協約を締結した。

ベルリッツで現行の勤務評価に基づく賃上げシステム以外での賃上げが行なわれるのは初めてである。

今回の合意は範囲が限定され、適用の対象となるのは業務評価の対象となってこなかったか、あるいは現行賃金体系の上限を超えていた一部の組合員ではあるものの、それでもこれまでの「賃上げは勤務評価のみに基づく」原則を、組合はついに突き崩したのだ。

「賃上げは勤務評価のみに基づく」というシステムは日本で働く非正規労働者にとっては(賃上げがある職場であっても)普通になっている。だから、労働組合の「一律賃上げ要求」は会社にとっては気を失いかねないものなのである。ベルリッツは引き続き「賃上げは勤務評価に基づくべき」としながらも、その勤務評価の対象から外れていた組合員についての一定の賃上げを認めたのである。これは大きな出来事である。
http://www.generalunion.org/jp/2014-08-06-05-33-55/2199-2019-10-16-01-42-20