9月8日に語学産業2020春闘準備会議開催

ゼネラルユニオン
主要な語学学校のゼネラルユニオンリーダー達が集まり、2020春闘の準備を開始する。

準備はまず、主要な語学学校の労働条件を包括的に比較・検討・評価することから始まる。そして、最もいい労働条件の各項目を全ての学校で実現することを目指す。会社側が、最低の労働条件を労働者に課そうと競い合うことの正反対の道である。

また、正規労働者の労働条件との比較を行ない、「同一労働同一賃金ガイドライン」に沿って対等の処遇を要求する準備を行なう。非正規の日本人教師やスタッフの労働条件が最も劣悪なところもしばしば存在している。この問題をいかにして取り上げるかについても議論しなければならない。
http://www.generalunion.org/jp/2013-01-19-05-05-46/2180-2019-09-01-07-11-44