2019年2月22日付厚生労働省労働基準局長発の文書に寄せて

無期転換をめぐる概況
2013年4月1日施行の改正労働契約法第18条に基づく有期雇用契約労働者の無期雇用契約への転換が開始されて1年強が過ぎた。非正規労働者が全労働者の中に占める割合は増加の一途を辿り、今日では約40%を占めている。非正規労働者の多くが有期雇用契約労働者であることから、この改正労働契約法第18条に基づく有期雇用契約労働者の無期雇用契約への転換は日本の労働者全体の雇用の安定に関わる大事な事柄である。