組合と法人、和解延長!

ケアーワーカーズユニオン
1月18日金曜日、労働委員会40号事件調査(看護師夜勤手当問題)と、山紀会事件和解調査がありました。

結論から言うと、組合が和解するには、団交に理事が参加することを条件としました。当初、会社は、理事出席はできないとしていましたが、この日は和解を蹴らず、再度理事と話し合うとのことで和解延長されました。

結局のところ、現在、決定権を持つ者は理事しかいません。毎回とは言わずとも、重要な場面では理事が団体交渉に出席して職員と直接話をしてほしいです。

労働委員会は本当に長いですが、引き続き、頑張っていきましょう!

次回の和解調査は、2月22日です。