正社員の労働条件引き下げありきの「処遇改善」は許さない!!

郵政産業労働者ユニオン
郵政ユニオン第7回中央委員会は、2月9~10日に東京労働会館ラパスホールで開催され、本部を代表して日巻委員長があいさつし、本中央委員会議案に対する活発な討論を中央委員に要請した。来賓として、小田川(全労連)・渡邉(全労協)両議長、棗弁護士があいさつし、上平書記長が議案を提案。2日間にわたって討論が展開され、議案は採択された。現在、2月13日~28日で、スト権一票投票が行なわれれている。