郵政労契法20条裁判東日本裁判高裁判決 2018年12月13日

郵政産業労働者ユニオン

地裁判決より前進勝ちとる!!

日本郵便に167万円の支払を命じる

全員勝訴の地裁判決から1年3ヵ月、郵政ユニオン組合員の期間雇用社員3名が原告となりたたかっている「郵政労契法20条東日本裁判」で東京高等裁判所第2民事部(白石史子裁判長)は12月13日、3名全員の請求を認容し、日本郵便に対し地裁判決を上回る損害賠償を命じる判決を下した。郵政ユニオンは正社員も非正規社員も積極的に組織化し、労働条件の格差是正を会社に求めてきた。今回の判決は、正社員、非正規社員が、ともに一致団結してたたかってきた運動の大きな成果である。

郵政労働契約法20条裁判日程 西日本裁判

判決日 2019年1月24日(木)13:15~大阪高裁別館82号法廷
高裁判決日への傍聴参加よろしくお願いします。

ビラ・声明はこちらをクリックしてください