労組周辺動向 No.47 2018年11月2日現在

ゼネラルユニオン
労働組合に関係がある法律をめぐる動きや裁判での判決、闘い、周辺情報など、今後の組合活動にとって必要と思われる情報を掲載します。

今号の主な内容は:
・厚生労働省、同一労働同一賃金ガイドラインのたたき台を提示
・70歳就労へ法整備指示-未来投資会議
・厚生労働省が「高度プロフェッショナル」5業種を提示
・入管法改正案、閣議決定:外国人の就労資格拡大へ
・日立と実習生、補償大枠合意
・福岡労働局:「無期転換直前の雇い止めは無効の可能性あり」と河合塾に指摘
・派遣社員4割「正社員で働きたい」:厚生労働省が昨年調査
・障害者求人の差別的条件、使い回しが中央省庁と28都県でも
・教授会で人格侵害発言英国籍の元准教授女性が立命館提訴
・就業者数6,715万人で過去最高を更新9月労働力調査
2人に1人の県も外国人依存 若い働き手