NHKスタッフユニオン 18’春闘交渉報告

組合の本部闘争委員会は協会に対する平成30年3月20日付18’春闘要求書の提出を踏まえて、下記日程におきまして協会との間で18’春闘交渉を行いましたのでご報告致します。
交渉1日目
【開催場所】大阪放送局15F第8会議室
【出席者】(組合側)矢野執行委員長、他本部役員2名、大阪全労協・友延事務局次長
     (協会側)大阪・営業推進 専任部長、他副部長3名
①第2回団交(業務関連要求交渉)平成30年4月11日(水)11:00~12:00 長年の懸案となっている特別指導の運用の改善を求めて交渉を行いました。協会は昨年末に発表した『NHKグループ働き方改革宣言』の中で、「業務に携わるすべての人の健康を最優先に考え、これまでの慣行を打破して働き方を抜本的に見直す」としていますが、特別指導(=最終的には委託契約の解約につながっておりスタッフにとって身分保障にかかわる協会独自の業績評価制度)の運用の在り方に対して、組合は以前からその見直しについて交渉してきました。我々は交渉の中で、スタッフが協会が設定する過度な営業ノルマの確保を最優先とするあまり、結果的には健康を阻害(病気・怪我・業務途上における事故の発生等)するリスクが高まっており、特別指導の運用の見直しは働き方改革に直結していることを訴えました。
http://nsu.sakura.ne.jp/archives/news/18%E6%98%A5%E9%97%98%E5%A0%B1%E5%91%8A