新春宣伝行動を展開 18春闘がスタート

国民春闘共闘委員会は1月5日、都内4か所で2018年新春宣伝行動を行なった。18春闘は、「安倍9条改憲・労働法制改悪NO!賃上げと安定雇用で地域活性化!」をメインスローガンに、「誰もが8時間働けば人間らしいくらしができる社会」の実現を求めていく。さらに安倍首相が「2020年、新憲法施行」に向けた具体的スケジュールを明らかにするなか、改憲策動を許さないためには「広範な共闘」が求められており、「総がかり春闘」でたたかいを展開していく。