大阪労働局が「無期逃れの雇止めとクーリングは違法」との通告書を学校法人樟蔭学園に交付

ゼネラルユニオン樟蔭学園支部が労働契約法18・19条違反を摘発 

東大阪市にある学校法人樟蔭学園は、無期義務回避のために契約期間6年目直前の一斉雇止めや半年間のクーリング(義務的離職)を強制してきている。一時離職に同意しなかった講師に対する2017年度末の雇止め通告も続いている。ゼネラルユニオンからは同法人へのこうした脱法行為の撤回要求と団交申入れが行なわれたが、「来年度の雇用の議題では団交は応じない」などの労働組合法違反=不当労働行為さえ連発されてきた。

ゼネラルユニオンは大阪の樟蔭学園・名古屋の椙山学園・東京大等の労働契約法違反で厚生労働省・文部科学省とも協議し、各県労働局への「労働契約法違反」の申立を開始しているが、今回、大阪労働局は樟蔭学園で働く組合員労働者からの「個別労働紛争解決制度」への申し立てを受けて調査を行ない、前例のない「法違反通告書」発令となった。
続きを読む>>