総がかり集会で立憲野党揃い踏み

Untitled11月3日、中之島公園剣先広場でおおさか総がかり集会が開催され、約2万人が結集した(主催者発表)。集会は総がかりの共同代表・米田さん(大阪平和人権センター)の「安倍改憲攻撃と闘う野党共闘の前進を!」というアピールでスタート。東京から駆けつけたゲストスピーカーの佐高信さんは、「自民党に天罰、公明党に仏罰、維新に神罰、希望の党に絶望を!」と笑いを誘いつつ、鋭く安倍政権を批判。政党では共産党、社会民主党、立憲民主党、自由党が登壇して今後の闘いの重要性を力説した。運動団体からも被ばく者、森友学園追求、辺野古連帯、朝鮮学校支援、都構想反対から次々とアピールを行った。その後、「戦争アカン!憲法こわすな!」のシュプレヒコールを軸に、3つのコースに分かれてデモを貫徹した。
From: 大阪全労協機関紙316号2017年12月