樟蔭学園事件、中労委命令が確定

労使合意書締結、謝罪文手交が行われる

大阪樟蔭女子大 http://www.osaka-shoin.ac.jp/univ/ は2013年に非常勤講師を雇止めしましたが、府労委・中労委とも組合員を排除する意図をもった不当労働行為であると認定しました(612号既報)。 http://www.ewaosaka.org/page_news/kyoikugodo_news_612.pdf
 中労委命令をうけて、組合は争議解決の団交を行ってきました。大学側は中労委命令の取消訴訟を東京地裁に提起していましたが、団交で解決するのであれば訴訟を取り下げる姿勢を示しました。
組合も、中労委命令が雇止めは不当としながらも、原職復帰は1年が相当であるという不可思議な救済方法を示したことから、この部分の取消訴訟の提起も視野に入れて団交に臨みました。
続きを読む>>