10月1日から育児休業期間・育児休業給付金受給期間が最長で2歳までに伸び る



childcare20leave「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律(通称「育児・介護休業法」)」が変わり、現在「最長1歳半まで」の育児休業期間及び育児休業給付金受給期間とが、2017年10月1日からいずれも「最長2歳まで」となる。

育児休業・育児休業給付金は働く親にとってとても重要である。子供が保育園等に入れないことが理由で退職せざるを得ないとしたら生活設計は大きく変わらざるを得ない。だから、育児休業を延長して子供が1歳半に達した時点でもなおその子供が保育園等に入れない状態である場合に、育児休業と育児休業給付金受給とが更にもう6か月再延長できる意味は小さくない。

該当する労働者、労働組合はこの法改正の利点をフル活用しよう。