この勝利を抱きしめ、更に前へ共に

victory_amplifiers日頃のご支援、ご協力に感謝申し上げます。

2016年5月に大阪府労働委員会に救済を申し立てました大阪府労委2016年18号事件について学校法人大阪YMCAの不当労働行為が認められ、私ども労働組合の勝利を本日9月27日の郵便で確認しました(添付をダウンロード)。

皆様のご理解と支えのおかげと改めて心より感謝申し上げます。

いわゆる春闘交渉は、通常3月中には開催されますが法人が、4月に賃金を改訂するにも関わらず5月下旬の回答に固執してきたことを問題視し救済を申し立てたのが本件です。

春闘交渉は、非正規教職員が9割に達する大阪YMCAの各職種の実態把握と、労働条件の公正向上を目標に2014年度から現在も続けています。

本組合は今年、書記長の雇い止め解雇により現場の現場の状況が掴み辛く苦労していますが先行の、中労委2016年68号事件の審問(10月17日14時から)後続の、書記長解雇の救済申立ての調査に加え、法人の管理監督機関である大阪府私学課への申し入れや大阪市教育委員会との協議など、引き続き、取り組んでいますので今後も変わらず、ご支援いただければ幸いです。