樟蔭学園が労働契約法に違反し講師を一斉に雇止め


「5年経てば無期」の法律義務への悪質な脱法行為


今日、多くの大学や高校で非常勤など有期契約の講師は重要な役割を担っている。その雇用安定のため、労働契約法第19条には「契約更新後は特段の理由なく更新拒否はされない」旨が定められている。また、同法第18条では、「就労5年経過後、本人が無期契約を希望すれば、使用者はこれに同意しなければならない」旨が謳われており、2018年4月1日以降、この「無期契約への転換」が具体化される。

tsudukiwoyomu
From: www.generalunion.org