芦屋学園の労組共闘で大八木理事長を解任

全国一般全国協議

芦屋大と中高などの芦屋学園は、元ラガーでタレントの大八木を理事長として招聘した。しかし、不正経理や公私混同が始まり法人資産が流出し始めた。大八木が秘密裏に、規定額に加えて年六〇〇万円も年棒アップをしていたことも発覚。大八木は、それを内部告発した教頭らを脅迫・退職に追い込むなどの弾圧を拡大。組合ツブシの労務屋・「連合兵庫」の元議長を雇用し、団交に登場させ紛糾した。

これに抗して、かねてから外国人講師が活動していたゼネラルユニオン支部とスクラムを組み、全国一般全国協加盟での共闘となった。組合員たちは、学園の評議委員会に詰め寄り、十月二十五日の委員会を公開とし、数十人の組合員が取り巻く中、理事会の罪状が公表され、大八木の理事長解任が決定した。共謀していた法人事務局長や大八木の愛人も退職、元連合議長も団交から追放された。

十一月三十日、新理事長の出席した団交で、「大八木の責任追及・悪徳理事と労務屋の完全追放・不当な処分や配転撤回・組合活動権利確認」などを、労組から指摘した。新理事長は、真相究明と原状回復に同意し、全国一般全国協(教職組とゼネラルユニオン)に今後の協力をよびかけ、遂にフツーの学園運営と労使関係を勝ち取ることとなった。

(屋学園教員・職員組合&ゼネラルユニオン芦屋学園支部)
【全労協新聞2017年2月第284号】