ヨンデネット大阪定期総会

特別報告はヘイトデモ禁止仮処


日朝日韓連帯大阪連絡会議ヨンデネット大阪の第22回定期総会が2月16日にエル大阪で開催される。情勢・任務などの総会議案審議、日韓民主労働者連帯の訪韓報告、在日団体からのアピールのほか、コリアNGOセンター代表理事の郭辰雄さんから「ヘイトデモ禁止仮処分決定と今後の展開」と題した特別報告を受ける。昨年末に大阪地裁から下された仮処分は、ヘイトスピーチによる人格権侵害を認めて、センターの所在地から半径600メートル以内の場所でヘイトを禁じるというもの。鶴橋駅前やコリアタウンをほぼ網羅し、生野区内8箇所の公園が該当するという。ヨンデネット大阪では、今年こそヘイトスピーチ禁止条例を実効あるものにしたいと健闘してきたが、まさにぴったりのタイミング で今回の仮処分決定があったと思われる。排除の論理や不寛容が幅をきかせる昨今、この意義をあらためて考えてみる。
【大阪全労協機関紙2017年2月306号】